いっぱいあった!壁面緑化にすることの3つのメリット

建物を保護してくれる

壁面緑化の家を見ればわかりますが、建物全体が緑で覆われていますよね。これは、たとえて言えば、家にカバーをかけた状態と言えるでしょう。ですから、建物の劣化に影響を与える紫外線や酸性雨などから、建物の壁を保護してくれるという効果を期待することができるといえます。ただし、植物が壁にしがみついてしまうと、逆に壁面を痛めてしまう恐れがあるので、壁面緑化を実行するのであれば、ワイヤーやネットを使って、しっかりと設置するということが重要になってきます。

経済効果を期待できる

壁面緑化にすることによって、経済面での効果も期待することができます。夏であれば、壁面緑化によって、お部屋を涼しくすることができるので、冷房の使用量を減らすことができますし、冬は暖かいので、暖房の使用量を減らすことができます。ですから、年間かかる光熱費を抑えることができますから、大きな節約効果を期待することができるということが言えるでしょう。もし、屋上があるのであれば、屋上も緑化することによって、さらなる光熱費カット効果を期待することができます。

環境によい影響を与えることができる

最近都心ではヒートアイランド現象といって、郊外に比べると平均気温が3℃ほど高くなるという現象が起こっています。平均気温が上昇することによって、さらに冷房を使用することが多くなり、それによって気温が上昇してしまうという悪いサイクルができてしまいます。そこで、もし、都市の面積の30パーセントが緑で覆われるようになると、約4℃下がるといわれているので、壁面緑化を行う建物が増えてくれば、ヒートアイランド現象による気温上昇も防いでくれるようになるということが言えるでしょう。

壁面緑化は現在では非常に人気があり、多くの建築物で行われています。費用も安く済みますので、お得です。