理解しておきたい!七五三に関しての風習の基礎知識

七五三の起こりに関して

お子さんの育成を祝うお祝い事としまして七五三が施されていますが、何を目的として3、5、7歳でお祝い事すことになるのか細部にわたって気付かれることはありません。日本で言うならば当たり前の事とされる七五三の祝福につきましては平安時代に至るまでさかのぼります。その時は小さな子の死亡する率自体が非常に高く7歳にかけては神の子となっており7歳と化して、ようやくのこと人間としてお祝い事をした事が起源という流れです。

七五三の中でお祝い事を実施する意味合

年ごとにお祝い事を実施する意味合いがあります。具体的にみていきますと、男の子に関しましては、3歳並びに5歳、女児につきましては3歳及び7歳に行なって3歳の祝福には髪置の儀が起こりとなって、5歳は袴着の儀が始まりで、袴をセットする儀式で男児だけのお祝い事というものになります。それから7歳には帯解きの儀が始まりとなっており、過去まとっていた着物のひもを取って大人と一緒の広い帯を締める式となっています。

七五三の食事の場所について

七五三の祝福に親戚などに来てもらって食事会に取り組む事があり、家族オンリーでやる場合は、常日頃よりグレードアップさせたハイクラスのレストランまたは幼い子どもたちが訪問したいというレストランで食事を行ないます。また。祖父母、あるいは親戚などが寄り集まる状況では、しっかりと語り続ける一方でお祝い事に取り組む事が叶う個室のレストラン、あるいはホテルの個室などがちょうど良いといえますので臨機応変に対応しましょう。

七五三のレストランには個室が完備されているので混んでいても子供と一緒にゆっくりと食事をすることができます。