七五三のお祝いとして行いたいこと3つとは!

やはりお参りを行いたい

子供の成長はとても早く、嬉しいものです。七五三という節目にもしっかりとお祝いを行いたいものです。最近ではお参りを行う人も減ってきましたが、日本人の風習としてお参りに行くこともおすすめです。いい日にちを選んで、両親や祖父母なども誘ってみんなでお参りに行くと記念になりますし、子供もたくさんの人が来てくれて喜びます。最近ではレンタルすることのできる着物もあるので、利用するのもおすすめです。とっても可愛らしく、かっこよく着飾って行ってあげるのがおすすめです。

祖父母も誘っての食事会

お参りに行った後、もしくはお参りに行かない人でも食事会を開くのがおすすめです。両親と子供だけでももちろん素敵な食事会になりますし、祖父母も誘ってあげるといいです。遠方の場合は、日にちが少しずれても問題ないので開催すると子供も祖父母もどちらの笑顔も見ることができます。普段行かない料亭のようなお店を予約するのもいいです。落ち着いた雰囲気で子供の成長についてゆっくりと話すことができ素敵な時間を過ごすことができます。

写真館での撮影もおすすめ

子供の晴れ着姿を写真に残すということもおすすめです。子供一人の写真と、両親と一緒に写った写真を撮ることも記念になります。女の子の場合なら、着物とドレス、男の子なら着物とスーツなどを着ると色々な写真が撮れ思い出になります。少々値段は高くなりますが、アルバムを買ってみるのもおすすめです。何カットも入れることができるので子供の色々な表情を残すことができるからです。素敵な七五三の思い出がたくさんできるようにしてあげるといいです。

七五三とは11月15日に行われる子供の成長を祝う風習のことで、一般的には男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳で行います。