誰でも憧れる、高級時計パテックフィリップの魅力とは

世界三大高級時計メーカー

パテックフィリップはスイスにある高級時計のメーカーで、世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられていま。1839年に創業され、その社名であるパティックは創業者の一人です。フィリップは1845年に入社したリューズ巻き上げを発明した人物の名です。1849年にアメリカの有名宝石商に懐中時計を納め始めてからその知名度は上昇し、1851年には当時のイギリス女王がペンダントウォッチ(18金)を購入しています。

世界のセレブレティとパテックフィリップ

パテックフィリップは多くのセレブレティのファンを持っています。製作記念台帳には数々の著名人が名を連ね、各国の王室から有名作曲家・指揮者、科学者、作家、俳優など枚挙に暇がありません。機械式時計で複雑な機構を持つ高価なモデルを作り出す創業者の意志はそれぞれの息子に引き継がれ事業は拡大していきました。しかし1929年に世界恐慌の煽りを受け、経営難に陥りました。このとき創業家以外から資本参加があり、苦境を乗り切っています。

パテックフィリップは一生モノ

パテックフィリップは永久に修理可能であるとしています。オリジナルの部品がなくなればそのモデルに合う部品を制作し修理してくれます。このことが「パテックフィリップは一生使える」というブランドイメージを築き上げました。億を超えるモデルも有るパテックフィリップですが、並行輸入品で良ければ100万円台から購入することも可能です。日本での正規品は基本的には数百万円が最低価格ではないでしょうか。しかし一生モノですので、それだけの価値は十分すぎるほどあります。

パテックフィリップ創業150年を記念して、キャリバー89が製作されました。1980年に設計を開始し、1989年に販売開始された33の機能を持つ時計です。